税理士に相談しよう

手帳で確認する

副業が当たり前の時代に必要な税理士

副業が当たり前の時代になった近年では、必ず税理士に相談して税金の納税額を計算しなくてはいけません。 近年は、インターネットを利用した副業の手段が非常に増えています。 インターネットを利用した副業で問題なのは、それによって取得したお金が税務上どの部門に当たるのかを考えなくてはいけないことです。 インターネットの副業は、全ての金額において現金で給付されるわけではありません。 中には、現金ではなく特定の会社のギフト券やポイントとして提供されることもあります。 このような場合には、どの税金として納めなくてはいけないのかが複雑になるためきちんと説明を聞かなくてはいけないのです。 相談費用は数千円程度で済むため、簡単に問題を解決できます。

法律家の中でも比較的安い費用で済む

税理士の特徴は、法律家の中でも相談費用が比較的小さな価格で済む点にあります。 例えば、弁護士に相談すると相談時間が長ければ長いほどより大きな料金を取られることになりますが税理士ではそのようなことはありません。 税理士のメリットは、期間を設定して顧問契約を締結することが出来る点にあります。 こうした顧問契約は月額でも数万円程度のお金で済むため、個人で事業をやっている人だけではなく企業も利用しています。 もちろん、副業で個人で相談するだけでも全く構わないためサービスが非常に広範で柔軟なのです。 手続きを行うのが面倒ならば税務に関する作業を全て代行することも可能です。 税務の代行を任せれば余計なことを考えても済むため、副業をしている人でも利用している人は多いのです。