税理士に処理を依頼

高層ビル

快適に税務の計算をしてもらえる税理士

事業を行っている人が快適に税金に関する処理を行う方法として、税理士に相談する方法があります。税額に関する計算を誤った場合には、税務署などから後でそれを指摘された場合、改めて不足分の税金を支払う必要がありますが、税理士に相談すればそうした手間を省けるので快適に事業が遂行できます。事業者の中でも特に毎年の売上1千万円以下であるような場合や、常時雇用する従業員が少ない事業者が、税理士に相談をする場合にはよりお得に利用できる方法もあります。それは売上によって顧問料が変わる税理士事務所を利用することです。毎年1千万円以下の売上の事業者が顧問契約を結ぶ場合ならば、毎月の顧問料が1万円以下になるような事務所もあります。

どれくらいの費用がかかるか

税理士事務所に相談をする場合にかかる費用は、相談する内容や相談する事務所によっても大きく異なります。税理士のサポートが必要になる機会が多いのが事業を行っている場合です。個人事業者や法人に限らず、事業者が事業から生ずる利益に課せられる税金に関して継続的に相談をする場合には、税理士事務所と顧問契約を結ぶ必要があります。顧問契約から毎月ごとに顧問料を支払うのが一般的な形態です。顧問料は定額の場合もありますが、多くは事業者の売上などによって決定されることが多いです。事業者の毎月の売上が多いほど、より時間をかけて正しい税務計算をする必要があることから、その分顧問費用も高くなります。一月数万円から十数万円程度が平均的な顧問料です。